カバール

 バッグ型物干しカバー

 カバールのご紹介


バッグ型物干しカバー『カバール』は、
ランドリーバッグと洗濯物干しカバーの機能を併せ持つ商品です。
これ1つでバッグとカバーの役割を果たすので、大変便利です。
これからのお洗濯のお供に是非お使い下さい。

メディアでも紹介されました!

・テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」トレンドたまご(2011年1月19日放映)
 (ホームページに詳しい使い方の動画もあります)  取材報告はこちらから
・日本テレビ「ズームイン!!SUPER」(2010年6月17日放映)
・NHK総合「おはよう日本」まちかど情報室(2010年6月1日、25日放映)
・学研パブリッシング社「おはよう奥さん11月号」(2010年10月2日発売)
・NHKワンセグ2「ワンセグランチボックス」(2010年6月24日放映)

               ★カバール 特許出願中★

◆皆さんは洗濯に関するこんなお悩みありませんか?

○外に下着を干したいけど、周りの視線が気になる…。

○洗濯物って量が多いと重いのよね。
 干す時も屈んだり立ったりするから、腰が痛くなるし。
 もっと楽に洗濯物を干せないかな?

○洗濯物は取り込むのも大変。
 効率よく楽に洗濯物を運べないかな?

これらのお悩みを解決するアイテムを作りました!
それがバッグ型物干しカバー『カバール』です。

●カバールの特徴

1.洗濯物を運ぶ

洗濯機から洗濯物をバッグ(カバール)に入れ、物干し竿まで運びます。
カバールは肩掛けできますので、沢山の洗濯物を一度に運ぶことができ、大変便利です。
(バッグに入る量の目安としては、4.5kgの容量の洗濯機で洗濯した量です。)


2.洗濯物を見られずに干す

下着など、他人から見られたくない洗濯物を隠します。
女性の一人暮らしの方など、今まで部屋に干していた洗濯物を外に干すことができ、
防犯対策としても役に立ちます。


3.洗濯物を取り込む

乾いた洗濯物をバッグに入れて取り込むことができます。
取り込む際、下着干しカバーとして使用しているカバールが物干し竿に掛かっているので、
ランドリーバッグをわざわざ取りに行く手間が省けます。
バッグに入れることで一度に楽に洗濯物を室内に運び入れることが可能です。



洗濯物をカバールに
入れます。
2.
物干し場まで
移動します。

バッグを一旦物干し竿に
引っ掛けます。

バッグの中の洗濯物を
干します。
5.
バッグを逆さにして物干し竿に
留めます。下着を付属の
洗濯バサミで留めます。

両サイドのファスナーを閉めると
下着干しカバーになりました。
〜数時間
経過後〜

洗濯物が
乾いたら
7.
乾いた洗濯物をバッグに
入れて取り込みます。

  
   
 
  
●カバールはどうして乾くの?



          水をはじく様子

カバールは不織布の通気性と撥水性を利用した
洗濯物干し用のカバーです。
カバールにはごく小さな穴が開いているので
洗濯物の水蒸気を通し、小雨から守ります。
(マジカルカバーの生地とは異なる素材を使用しています。
カバールは撥水性があり、小雨程度は防げますが
防水性はありません。)

■カバールの公的機関での試験結果■
  ●透湿度(JIS L 1099 7.1.1 A-1法) 
         385g/m2・h
  ●撥水度(JIS L 1092 7.2)   4級
        福岡県工業技術センター

●仕様
大きさ:50cm×73cm   重量:約170g
材質:PP不織布(本体)
製造:本体…中国製、加工…日本製

おしゃれなデザイン入りです。(片面のみ)
(画像をクリックすると大きく表示されます。)

★ご購入方法★

(クリックすると池田設計・企画のネットショップへ移動します。)

電話からのお申し込み→092-924-7686

FAXからのお申し込み→092-555-7685
FAXでのご注文の際には、こちらの用紙をご利用下さい。
(PDFファイルが開きますので、印刷してお使い下さい)